Puppy's Houseでは交配も承っております!

料金等の詳細は、お気軽に下記お問合せボタンからお問い合せください!
 
 Puppy's House JP
 TEL/FAX:0274-42-5513
 mail:puppys-house@qa2.so-net.ne.jp
 
     
     
 


 
  1. 犬舎に病気を持ち込まれない為に、ブルセラ症の検査をお願いしています。血液検査になるので、動物病院で検査をした後、診断書を提出していただきます。
双方ともに安全な交配をするためにも、ご協力をお願い致します。
診断書を持参して頂けない場合は、申し訳ございませんが交配をお断りしています。
2. フレンチは基本的に人工授精になります。
3. ワクチン未接種の場合は、かならずワクチンを済ませておいて下さい。
4. 皮膚病、耳ダニ等のチェックや検便も済ませておいて下さい。
5. 健康状態により、お断りさせていただくこともあります。
ブルセラ症とは
ブルセラ症とは、ブルセラ(Brucella)属の細菌に感染して起こる人獣共通感染症です。潜伏期間は2〜3週間。
主な症状として、オスの場合は生殖器の萎縮・腫れなどの異常を起こし、正常な精子を作れなくなります。
メスの場合は不妊を引き起こす他、流産・死産を繰り返します。
ヒトに感染した場合、頭痛や発熱など風邪に似た症状を起こすことがあります。
 
     
 


 
 

ヒートの確認後、予約を入れて下さい。  ※ 無出血の場合は、陰部の腫れをチェックして赤く腫れた日

交配はヒート開始日から11日目から15日目の間に2回行います。


交配前にしておくこと
 

 
 
シャンプー
ノミ・ダニ予防、検便
不安な方は獣医の元でスメア検査を行ってください。
ワクチン未接種や、次回のワクチンが出産予定日前後の場合は早めに済ませておいて下さい。
 
 
     
 
交配に関する詳細はこちらからお問い合わせ下さい。
 
     
HOME子犬情報出産予定プードルレッドプードルブラウンフレンチ会社概要
ライブラリーお問合せ交配についてトイプードル・フレンチブルドッグのご紹介サイトマップ